ネイルサロンを出す手順

ネイルサロンを開業するのは意外と簡単ですよ。

ネイルサロン開業日記

ネイルサロンを出す手順をまとめました。

目次

ネイルサロンは簡単に出せます。

ネイルサロンを出店したいですか?


正直に言います。


ネイルサロンは簡単に出店出来ますよ。


以下の順番通りにやっていきましょう。



しかし、ここではネイルサロンを出すだけの方法を紹介しています。


出店は簡単ですが、


経営し続けていくのは、簡単ではありません。


そこだけ気を付けて下さいね~。



開業までの道のり

1、どこで開業するか?


場所は大切ですね。


お客さんが集まりやすい場所、アクセスが良い場所、その土地によってさまざまでしょう。


まずは、ネイルサロンを出店する場所を決めましょう。


2、不動産契約

出店場所が決まったら、サロンを開業する物件を決めましょう。

インターネットや不動産屋さんで探します。

ここで大切な事は、家賃と保証金です。


無駄な出品は極力抑えましょう。

あと家賃ですが、安いほうが良いですよ。当たりまえですが。家賃は売上に直結しませんので。

そして、家賃が高いと後々 経営に響いてきますからね~。


3、仕入れ

出店する物件が決まったら、ネイルの材料、設備を揃えましょう。

>>私はここの→ネイル用品卸問屋さんから仕入れています。


このネイル材料の仕入れは、意外と時間が掛かります。

早めに手配しておいて損は無いと思います。


4、宣伝

ネイルサロンがオープンする前から、宣伝、集客活動は行う必要があります。

なぜなら、早くから見込み客に認知してもらう必要があるからです。


オープンしてから集客、宣伝活動を行っても遅いという事です。

>>100人の新規客が来る!【ネイルサロン】の宣伝集客方法



5、オープン

ここまでは簡単です。誰でもネイルサロンを開業する事が出来ますからね~。


ネイルサロンの場合、許可も届け出も特に必要無いので。


>>ネイルサロンを開業するのに届け出や許可は必要か?




経営者になる

ネイルサロンを開業することが出来ましたね。

はい。

ここまでは簡単なので誰にでも出来ちゃいます。


勝負はここからです。



ネイルサロン経営を成功させるには、


・ネイルの技術力

・接客力

・宣伝力


が大切になります。



特に宣伝力は、一番重要かもしれませんね。



ネイルの技術力、接客力も大切ですが、

そもそもお客さんが来なければ全く意味がありませんので。


特にこれからの時代は、インターネットを使って宣伝するのが良いでしょう。

>>ネイルサロンに客が来ない理由は宣伝していないから。



チラシやクーポン雑誌での宣伝方法では、今の時代 無理があります。


大きな流れとしてはこんな感じです。


開業してからが勝負です!


成功して、年収1000万円を目指しましょう~。


>>ネイルサロン経営者の年収は1000万円?